Compressor 2.5/5
(52)







us (505)
fr (79)
jp (52)
cn (13)
es (29)
pt (0)
br (21)
mx (11)
de (167)
kr (6)
it (49)
se (20)
ru (27)
nl (39)
gb (128)
¥6,000
ダウンロード

Compressor

us fr cn es pt br mx de kr it se ru nl gb

デベロッパー Apple (Apple Inc.)

Final Cut Proと緊密に統合され、ビデオ変換がよりパワフルで柔軟になるCompressor。シンプルなインターフェイスで、すばやく出力設定をカスタマイズしたり、イメージを補正したり、iTunes Storeでの販売用にフィルムのパッケージを作成したりできます。ほかのMacコンピュータを使用する分散エンコーディングを簡単に設定して、さらに変換を高速化することもできます。

Final Cut Proのための高度なエンコーディング
• Final Cut Proのエンコーディング設定をCompressorでカスタマイズ
• Compressorで保存したカスタム設定を自動的にFinal Cut Proに反映
• バッチ処理を設定して、大量のファイルも効率良くエンコーディング
• ファイルの移動やコピーなどの追加タスクとエンコーディングを組み合わせたカスタム書き出し先を構築
• デスクトップでドラッグ&ドロップするだけでエンコーディングできる、自己完結型ドロップレットを作成
• Compressorがインストールされていないシステムでもほかのエディタと設定を共有

iTunes Storeパッケージの作成
• Appleの承認を受けたiTunes配信パートナーに送信するためにiTunes Store対応パッケージに、ムービー、予告編、クローズドキャプション、字幕を読み込んで整理
• ビデオを任意のオーディオ、キャプション、または字幕と共にオーディションして同期を確認
• 組み込みのエラー検出機能によりiTunes Storeパッケージの問題を検出し、問題の発生源に直接移動

業界標準をサポート
• MPEG-4、H.264、MXF、ProResなど、さまざまな業界標準フォーマットへのエンコーディングに幅広く対応
• テーマ別のメニューから選択して、DVDやBlu-rayディスクへのエンコーディングおよび作成
• HTTPライブストリーミング用のファイルをワンステップで生成
• Targa、DPX、TIFF、PSD、PNG、OpenEXRイメージシーケンスを読み込み、あらゆる設定にエンコーディング
• 高度なエンコーディング機能を活用し、クローズドキャプションやメタデータなどを追加

最高品質のフォーマット変換
• NTSCからPAL、SDからHD、プログレッシブビデオからインターレースビデオなど、あらゆるファイルのフォーマットを変換
• Wideビデオを読み込んで操作した後、標準のRec. 601およびRec. 709の色空間またはWide Rec. 2020の色空間で配信
• ハードウェア・アクセラレーションを利用した書き出しが対応しているシステムで、優れた結果を出すためにCABACエントロピーマルチパスH.264エンコーディングを使用
• イメージフィルタ、タイムコードオーバーレイ、ウォーターマークを使ったコンテンツのクリーンアップとカスタマイズ
• ビデオ速度の増減やフレームレートの調整により、継続時間を実行時間にマッチ

分散エンコーディング
• エンコーディング作業を複数のワークステーションに分散させることで、作業時間を節約
• Compressorをインストールして、どのMacも分散エンコーディング用のノードとして活用
• 書き出し用に共有コンピュータグループを選択することで、Final Cut Proでのエンコーディングを高速化

システム要件:OS X v10.11.4以降、4GBのRAM(4K編集と3Dタイトルには8GBを推奨)、OpenCL対応グラフィックカードまたはIntel HD Graphics 3000以降、256MBのVRAM(4K編集と3Dタイトルには1GBを推奨)、931MBの空きディスク領域 

一部の機能にはインターネットアクセスが必要です。料金が発生する場合があります。Blu-rayディスクの作成には、Blu-rayレコーダーが必要です。

リリース ノート

2017/04/26 | バージョン : 4.3.2 | サイズ : 393.2 MB
• ジョブの状況を監視するためのコマンドラインオプションを利用できます
• “ディザリング”オプションを使ってイメージにノイズを追加して、カラーバンディングなどの邪魔になるパターンを最小限に抑えることができます
• iTunes Storeパッケージの作成時に、インドの法律で義務付けられている健康被害警告のテキストを指定するオプションを利用できます
• ウォーターマークイメージの品質が向上します
• アニメーションPNGとアニメーションGIFのイメージシーケンスがサポートされます
• ドロップフレームメディアで“タイムコード”フィルタが正確に表示されます
• AC-3にトランスコードされたオーディオの同期が正確になります
• DVDの共有オプションが応答しなくなる問題が解決されます
• DVDでのメニューとチャプタのタイトルのフォント品質が向上します
• DVD作成時の画質が向上します
• DVDのユーザ・ダイアログ・メッセージで書類へのリンクが改良されます

バージョン4.3で導入された機能

• 新しいダークインターフェイスでビデオに集中、バッチや設定の表示を効率化
• インスペクタにビデオファイルやオーディオファイルの詳細情報を表示
• 標準のRec. 601およびRec. 709の色空間またはWide Rec. 2020の色空間でビデオを配信
• MacBook ProでTouch Barがサポートされ、マーカーの追加や編集などの基本機能を実行
• Touch Barのタイムライン概要でバッチを一目で確認、タッチで移動可能
• iTunes Storeパッケージのプレビューで、代替オーディオ、クローズドキャプション、または字幕をオーディションして同期を確認
• iTunes Storeパッケージのメディアパススルーにより、不要な圧縮を回避
• iTunes Storeパッケージのプレビューで、素材の再生中にオーディオストリームをシームレスに切り替えて確認を高速化
• バッチの警告およびエラーメッセージに、対策に役立つ詳細なメモを表示
• 複数の色空間やより大きなビット深度のサポートなど、静止画像に関する機能が向上
• DPX、Cineon、OpenEXRの静止画像をサポート
• OpenEXRイメージシーケンスをサポート
• DPXのサポートを強化。カラー情報、ピクセルのアスペクト比、インターレース、タイミングの解釈の精度が向上
• フレームレート変換、インターレース、拡大/縮小、オプティカルフローのリタイミング、エフェクト、色空間の変換などのイメージ処理のパフォーマンスが向上
• 最適なビット深度の自動選択により、トランスコーディング、色処理、エフェクトの品質が向上
• CPU処理およびGPU処理を効率化
• 新しいDVDディスクテンプレートにより、メニューと背景のオプションが増加
• DVDオーサリングに新しいオプションが追加され、再生のループ、モーションメニューの追加、メニューイメージのカスタマイズが可能

2017/02/14 | バージョン : 4.3.1 | サイズ : 424.7 MB
• 分散エンコーディング使用時にフェードイン/フェードアウトフィルタが正しく適用されます
• ダブルバイト文字の言語の使用時にディスク名およびタイトルが正しく表示されます
• “ターミナル”経由でCompressorの使用時にロケーションパスが考慮されます
• H.264ファイル書き出し時およびフレームレート変更時のパフォーマンスが改善されます
• Compressorを使ってProRes 4444ファイルを透明度付きで書き出すときに、正しいアルファチャンネルが作成されます
• Animation、PNG、Cinepak、WMVを含む32ビットコーデックを使用してファイルを処理できない問題が解決されます
• Touch Bar上のマーカーボタンが正しく表示されない問題が解決されます
• Apple USB SuperDrive経由でFinal Cut ProプロジェクトからDVDを作成できない問題が解決されます

バージョン4.3で導入された機能

• 新しいダークインターフェイスでビデオに集中、バッチや設定の表示を効率化
• インスペクタにビデオファイルやオーディオファイルの詳細情報を表示
• 標準のRec. 601およびRec. 709の色空間またはWide Rec. 2020の色空間でビデオを配信
• MacBook ProでTouch Barがサポートされ、マーカーの追加や編集などの基本機能を実行
• Touch Barのタイムライン概要でバッチを一目で確認、タッチで移動可能
• iTunes Storeパッケージのプレビューで、代替オーディオ、クローズドキャプション、または字幕をオーディションして同期を確認
• iTunes Storeパッケージのメディアパススルーにより、不要な圧縮を回避
• iTunes Storeパッケージのプレビューで、素材の再生中にオーディオストリームをシームレスに切り替えて確認を高速化
• バッチの警告およびエラーメッセージに、対策に役立つ詳細なメモを表示
• 複数の色空間やより大きなビット深度のサポートなど、静止画像に関する機能が向上
• DPX、Cineon、OpenEXRの静止画像をサポート
• OpenEXRイメージシーケンスをサポート
• DPXのサポートを強化。カラー情報、ピクセルのアスペクト比、インターレース、タイミングの解釈の精度が向上
• フレームレート変換、インターレース、拡大/縮小、オプティカルフローのリタイミング、エフェクト、色空間の変換などのイメージ処理のパフォーマンスが向上
• 最適なビット深度の自動選択により、トランスコーディング、色処理、エフェクトの品質が向上
• CPU処理およびGPU処理を効率化
• 新しいDVDディスクテンプレートにより、メニューと背景のオプションが増加
• DVDオーサリングに新しいオプションが追加され、再生のループ、モーションメニューの追加、メニューイメージのカスタマイズが可能

2016/12/06 | バージョン : 4.3 | サイズ : 424.7 MB
• 新しいダークインターフェイスでビデオに集中、バッチや設定の表示を効率化
• インスペクタにビデオファイルやオーディオファイルの詳細情報を表示
• 標準のRec. 601およびRec. 709の色空間またはWide Rec. 2020の色空間でビデオを配信
• MacBook ProでTouch Barがサポートされ、マーカーの追加や編集などの基本機能を実行
• Touch Barのタイムライン概要でバッチを一目で確認、タッチで移動可能
• iTunes Storeパッケージのプレビューで、代替オーディオ、クローズドキャプション、または字幕をオーディションして同期を確認
• iTunes Storeパッケージのメディアパススルーにより、不要な圧縮を回避
• iTunes Storeパッケージのプレビューで、素材の再生中にオーディオストリームをシームレスに切り替えて確認を高速化
• バッチの警告およびエラーメッセージに、対策に役立つ詳細なメモを表示
• 複数の色空間やより大きなビット深度のサポートなど、静止画像に関する機能が向上
• DPX、Cineon、OpenEXRの静止画像をサポート
• OpenEXRイメージシーケンスをサポート
• DPXのサポートを強化。カラー情報、ピクセルのアスペクト比、インターレース、タイミングの解釈の精度が向上
• フレームレート変換、インターレース、拡大/縮小、オプティカルフローのリタイミング、エフェクト、色空間の変換などのイメージ処理のパフォーマンスが向上
• 最適なビット深度の自動選択により、トランスコーディング、色処理、エフェクトの品質が向上
• CPU処理およびGPU処理を効率化
• 新しいDVDディスクテンプレートにより、メニューと背景のオプションが増加
• DVDオーサリングに新しいオプションが追加され、再生のループ、モーションメニューの追加、メニューイメージのカスタマイズが可能

ランキング

全体的な :
#16 : トップセールス Mac App
#36 : トップ有料 Mac App

カテゴリ :
#3 : トップセールス Mac App [ビデオ]
#6 : トップ有料 Mac App [ビデオ]

スクリーン ショット Mac OSX :

スクリーン ショット Mac OSX スクリーン ショット Mac OSX スクリーン ショット Mac OSX

カテゴリ

写真 , ビデオ


サポートされているデバイス : Mac OS

Compressor に対するコメントと評価

バージョンアップで画質が低下 (4.3)
2016/12/05 23:17:00 1/5 デベロッパー チヤダ男
最新バージョン4.3にアップしたら、DVDの画質が悪くなった。特に赤い幕でハッキリわかる。 早急な改善に期待する。

使えない (4.3)
2016/11/28 10:01:00 1/5 デベロッパー Maruzen shop
まったく、変換できず、サポートメールしたが、連絡もこない。買わなければよかった。失敗した。

とても便利です! (4.2.2)
2016/07/16 10:02:00 5/5 デベロッパー ロンフォール
動画を圧縮することで、受け渡せなかったファイル、整理したかったライブラリを修正できました。 Youtubeならこれ、Vimeoならこれ、といったかんたん操作で不便がありません。 バグは今のところなし、前バージョンを持っていなかったので購入しました。 結構”高速"に書き出されるという印象。 *MBP15inchでの使用感になります。

final cut proと連携できない (4.2.1)
2015/09/13 4:59:00 1/5 デベロッパー misasa2
finalcutproからcompresserへの書きだし目的のため購入 購入後finalcutproから「compresserへ送信」を押したところcmpresser側で 「このバージョンの Compressor を使用するには Final Cut Pro 10.1.2 以降が必要です。」 と表示され使えない。私のfcpのバージョンは10.2.1です。 お金返してください。

解りやすくなりました (4.1.3)
2015/04/10 13:41:00 4/5 デベロッパー I.kaya
FinalCutStudio2時代から使っていましたが、その頃の難解なインターフェイスから刷新されて使いやすくなっていると思います。以前はマルチコア非対応と言うこともあり処理が遅い印象でしたが、さすがに速くなってますね。Compressorの最大の長所は詳細な設定が可能である事と、画質の良さだと思います。仕事で使用しているのでいくら速くても画質が悪いのはいただけません。その点でCompressorは信頼できると思います。 確かに設定項目が多岐に渡るので取っつきにくい感はありますが、ビデオ規格を把握している人には非常に解りやすいと思います。いつも使う設定をドロップレットで書き出しておけば1クリックで作業完了ですのでこの上なく便利です。 ひとつ難点をいえば、アクティブのリストで経過時間ではなく残り予想時間を表示してくれたら良かったのですが。その点で星はマイナス1としました。

順当な進化 (4.1.3)
2015/02/10 11:19:00 5/5 デベロッパー yu_90
FCS時代からCompressorは使っていますが、見た目もLogicXやFCPXのように現代的に作り直され、設定項目も若干自由度が上がり便利になってます。 大量のファイルを放り込むと極端に動作が重かった不具合も解消され、結構良い感じです。 また、Qmasterの設定もかなり楽になった印象です。やることさえやってしまえば、しっかりマルチコアで動いてくれます。 なお、便利になったとはいえ、基本的な使い方を知らなければポテンシャルは発揮できないと思います。 そういう意味では、iMovieやiDVDユーザーは明らかにターゲットにしていないのでしょう。 一般ユーザーは、もうDVDを焼くのはやめて、AppleTVで家族と楽しんでねというメッセージを感じます。 あくまでプロ向けの商品としてのCompressorは、時代に合わせて順当に進化したと感じます。 もう少しエンコード速度と、品質が良くなれば良いのですけどね・・・。

大変に使いづらい (4.1.3)
2014/11/28 13:21:00 1/5 デベロッパー okara-kun
FINAL CUT PRO X 用の書き出しソフトが必要で購入したが、FINAL CUT とは、別概念で作られているため、判りづらく、使いづらい。 簡単な作業(縦横比の変更、エンコーディング変換)などの質問を、アップル・サポートにしたが、要領を得ず、概念が明瞭ではなく、結果も適切でなかった。 とはいえ、適当な書き出しソフトが、他に存在しない以上、利用せざるを得ず、大変に困惑している。 基礎概念、操作方法などについての、明快な解説書など出版されることを、希望している。(現時点では存在していない) 以上のような事情を納得した上で、希望者は購入されたい。

遅いです。作りも古い? (4.1.3)
2014/10/13 6:43:00 1/5 デベロッパー handbraker
QuickTimeで再生出来るファイルでもエラーで読めませんと出ます。 MPEG2-TSもMPEG2-PSもダメでした。 アクティビティモニタを見てると100強%以上出ないので非常に遅いです。 これだと使いそうに無いので問題を報告で「キャンセル出来ませんか?」と申告したのですが一瞬で返金出来ませんと返事が出ました。 試用版が有ればねえー。

趣味で使っていますが、重宝しています。 (4.1.3)
2014/08/28 10:55:00 4/5 デベロッパー simato_ff
趣味程度で使用しているので基本的なことしかできていないですが、好みの出力設定が分かるようになったのと、インターフェイスがシンプルになり、より使いやすくなりました。 今までトラブルはなかったのですが、最近iMac27 2013を買い、メモリーをWin用32G増設したところ、Macはメモリーを認識しているのですがCompressorやFinal Cut Proで使用中に強制終了が頻発し、メモリーをMac用に変えたらトラブルはまったく無くなりました。

設定項目に不具合あり (4.1.1)
2014/07/04 5:32:00 4/5 デベロッパー オーミネ
例えばフレームレートが30fpsの動画データをFCPXで編集しそれをCompressorに送信した場合、適用したエンコード設定項目の中にあるフレームレートの選択肢内には「30fps」というものが存在しませんので大抵は「AUTO」にしていましたがこれだと勝手に29.97fpsに変換してしまうばかりかその処理時間が正常な状態の設定と比べて7〜8倍近い時間がかかってしまうようになるので要注意です(環境によってはきちんとAUTOが機能している方もいるかもしれませんが)。 回避方法としては「AUTO」ではなくその選択項目の右側にある空欄に「30」ときちんと打ち込んでやる必要があります(※選択項目の中に「カスタム」という項目がないのでこれに気がつくのに時間がかかりました・・・)。 先に書かれている方でうまくレンダリングが始まらないといった問題やCPUの使用率が低いといった書き込みがありますが当方の環境では最近そういった問題にはめっきり遭遇していません。速度は相変わらずAdobe Media Encorderほど高速ではありません(H.264変換時で比較)が、AMEと違って色のシフトもそれほどないですし変換によるエッジの劣化もCompressorであればシャープネスを適宜設定してやれば画質的に満足できるエンコードが可能だと思います。ガンマが多少明るくなってしまうのも同様にほんの少し下げてやるようにエフェクトを追加してやればイメージ通りのエンコード結果を得られるあたり「簡単便利でキレイに変換してくれるのに不具合のせいで大分損をしているアプリ」といった印象です。 Apple特有の「アップデートした途端に不具合連発、突然ディスコンの可能性大」はかなりコワイですが、選択肢の1つとしてはかなりオススメです。


デベロッパーより

GarageBand
GarageBand

価格 : 無料
プラットフォーム : iPhone/iPad
デベロッパー Apple
AirMacユーティリティ
AirMacユーティリティ

価格 : 無料
プラットフォーム : iPhone/iPad
デベロッパー Apple
MainStage
MainStage

価格 : ¥2,600
プラットフォーム : Mac OS
デベロッパー Apple
iTunes U
iTunes U

価格 : 無料
プラットフォーム : iPhone/iPad
デベロッパー Apple
Logic Pro X
Logic Pro X

価格 : ¥23,800
プラットフォーム : Mac OS
デベロッパー Apple

発見する

スパイダソリティア ►
スパイダソリティア ►

価格 : 無料

Cupcakes
Cupcakes

価格 : 無料

チェス HD 自由に
チェス HD 自由に

価格 : 無料

Shooter ►
Shooter ►

価格 : 無料

Car Valet
Car Valet

価格 : 無料



iPhone および ipad とアプリケーション

iPhone と ipad とのゲーム

Mac OS X アプリケーション

Mac OS X のゲーム

トップへ戻る

   Follow @FormidApps